業務内容

南北経済協力

紹介

概要

法務法人世宗(以下「弊社」という。)は、企業らの北朝鮮内又は中国、ロシア接境地域における個別又は合弁投資に対する包括的助言、南北の経済交流の過程において発生する投資紛争等について専門的なリーガル・サービスをご提供しています。約10人による特化されたチームをつくり、従前の開城工業地区、金剛山観光地区に対する投資及び紛争助言の以外に、羅津‐ハサンプロジェクトに単独の法律諮問会社として参加し、韓国内外において最高の助言経験と実戦能力を有しています。
また、南北間の交流活性化のための法制度の整備、統一前後の南北間の法制統合に対する研究役務の提供、南北住民相互間においての相続、不動産に関する紛争及び北朝鮮住民の人権及び人道的支援に関する問題等に対して助言をご提供しています。南北間の経済交流の過程において発生する南北政府間の紛争、又は国家と投資家の間の紛争、投資家と投資家との間の紛争等に対しても需要があるものと見込まれており、弊社は、様々な分野の専門家らが事案及び当事者ごとに特化された法律助言をご提供致します。

主なサービス

弊社は、南北経済協力に関連し、次のようなサービスを提供しております。

  • 北朝鮮地域に投資した韓国企業に対する法律助言 
  • 法制統合、経済協力等についての政府、国会、政府機関に対する法律助言 
  • 開城公団入居企業に対する法律助言
  • 脱北者らに対する各種サポート
  • 法律関係が韓国・北朝鮮に跨っている不動産、相続、家族関係等に対する助言
主な実績
  • 金剛山地区所在の資産に対する没収措置等についての法律助言(H社)
  • 開城公団の経協事業者に対する訴訟支援(K社)
  • 金剛山観光事業の中断、又は5.24措置による南北経済協力事業における損失補償等に関する特別法案についての立法助言(国会)
  • 北朝鮮の羅津地域における南北露鉄道、港湾複合運送事業に関して韓国の北朝鮮向け投資企業らに法律助言の提供
  • 開城公団入居企業らの損失補償に関して法律助言の提供、訴訟代理
  • 開城公団入居企業協会に対する法律助言の提供