業務内容

構造調整(回生・破産・ワークアウト)紛争

紹介

概要

企業回生手続等の倒産手続と企業改善作業は、経営危機に陥った企業や債権者等の利害関係者どちらにとっても非常に緊要な法的手続であります。倒産法は、民法及び商法等の既存の実体法に対する特有の法原理・手続を規律するため、一般の法制度とは大きな違いがあり、回生及び破産手続きに関連する訴訟は、一般の民事手続とは異なり、独特の手続に従って進められるため、長期間の経験と多様な知識に基づいた総合的かつ専門的なリーガル・サービスなくしては、債権調査確定裁判、否認の訴え、回生法院の各種決定に対する抗告等の回生及び破産手続き関連の紛争、及び企業改善作業の過程において派生する各種紛争を効率的に解決するためには、長期に亘る経験と様々な知識に基づいた総合的かつ専門的なリーガルサービスが求められます。
法務法人世宗(以下「弊社」という。)の倒産専門グループは、1997年の通貨危機以降、国内の主要企業らの回生、会社整理、和議、破産事件及び企業改善作業等を担当しながら得た専門性と名声により、訴訟等の関連紛争の解決に多くの経験を積んできました。それだけではく、弊社の倒産専門グループは、営業・財務構造、企業会計実務、回生法院における実務慣行と最新の傾向、政府当局の政策のあり方等の多様な分野に亘った知識とノウハウを有しております。弊社は、このような経験と知識、ノウハウに基づき、回生・破産・ワークアウト等の構造調整の紛争に関連して、クライアントに最高のリーガル・サービスを提供しております。

主なサービス

弊社は構造調整(回生・破産・ワークアウト)紛争に関連し、次のようなサービスを提供しております。

  • 回生手続等の倒産手続の開示申請の代理
  • 回生債権・破産債権の申告業務及び関連調査確定裁判等の債権確定訴訟の遂行
  • 回生手続開始決定等の回生法院における各種決定に対する抗告事件の遂行
  • 債権金融機関における共同管理手続(ワークアウト)関連の訴訟遂行
  • 倒産会社に対する債権回収及び物品回収策等への助言及び訴訟遂行
主な実績
  • STX重工業、スティール&リソーシーズ、グリーンテクノロジー、日進LED、KT ENS、ADM21、ウルトラ建設グループ、東洋グループ3社(東洋、東洋インターナショナル、東洋レジャー)の回生申請
  • ファイン総合建設とウリ銀行の間における一部代位弁済による回生債権行使可否確認訴訟において、ファイン総合建設を代理して勝訴(360億ウォン)
  • ウリ銀行とエムテクビージョンの間における回生担保権調査確定裁判に対する異議訴訟において、ウリ銀行を代理して勝訴(49億ウォン勝訴、大法院宣告重要判決に掲載)
  • 国際商事、建栄、大韓銀箔紙、山本駅舎、大韓海運、PAN OCEAN、STX重工業、共栄海運等の開始決定、認可決定に対する即時抗告、倒産会社M&A関連の各種抗告事件及び仮処分事件において勝訴
  • 貿易保険公社等の各種債権金融機関における共同管理手続(ワークアウト)への助言及び関連訴訟事件において勝訴
  • その他の債権確定訴訟、否認訴訟等の倒産手続に関連する多様な訴訟をサクセスフルに遂行
Awards and Rankings
  • 訴訟分野最高のローファーム(Litigation Law Firm of the Year)
    ALB Korea Law Awards 2018
  • 構造調整・回生・破産(Restructuring and Insolvency)業務分野1位グループ(Tier 1)選定
    IFLR1000 2006-2019
  • 構造調整・回生・破産(Restructuring and Insolvency)業務分野Highly Recommended Firm選定
    Asialaw Profiles 2013-2016
  • 『2015年今年のローファーム – 構造調整(Restructuring and Insolvency)』分野選定
    Asian-MENA Counsel
  • 2003年今年のディール受賞:SKネットワークスの構造調整
    IFLR Asia Awards 2004
Award's signature