業務内容

国際租税

紹介

概要

BEPS防止制度の導入及び活発な世界諸国の租税情報の交換により、域外取引に対する課税リスクが増加しています。

法務法人世宗(以下「弊社」という。)の租税専門グループは、一般の税法に関する分野より専門的な争点が多い国税租税分野において、専門知識と経験の豊富な租税専門家により構成されており、弊社の租税チームは、国際取引、移転価格、国際租税戦略等の全般的な国際租税問題について最上のアドバイスを行っております。

各国の課税官庁は、課税所得の国外移転に敏感に反応しており、そのため、攻撃的な恒久的施設及び移転価格課税が相次いでいます。弊社の租税専門グループは、課税リスクをミニマム化するとともに、事業目的に符合するGlobal Business Structureを考案し、実行する過程において各国の税法、租税条約、商法、外国為替取引法令に対して深みのある分析を行い、総合的なリーガル・サービスをご提供させて頂いております。加えて、移転価格報告書の作成及び移転価格事前承認(APA)制度を活用した、事前的税務リスク管理方策をご提示させて頂いております。また、国際取引に関する税務調査において最適の対応論理を構成し、成功的に対応しております。

主なサービス

弊社は、租税業務に関連し、次のようなサービスを提供しております。

  • 国際取引、租税条約に関連するアドバイス
  • 移転価格政策の樹立及び移転価格の事前承認業務
  • 海外進出国内企業や多国籍企業の国内進出時における国際租税戦略の策定
  • 固定事業場、移転価格等に関する税務調査対応と課税後の二重課税問題の解決に向けた相互合意手続の遂行
主な実績
  • 恒久的施設(Permanent Establishment)、実質的な所有者(Beneficial Owner)、源泉徴収問題等の国際取引、交際投資における主な問題について多数の国内外企業に対してアドバイスを提供
  • 外国の関連会社から輸入する有形財貨及び外国の関連企業に支払う使用料、経営アドバイス料等についての移転価格報告書の作成
  • 外国企業子会社に対する恒久的施設及び移転価格に対する税務調査の代理
  • 韓国会社の中国会社買収と関連する税務問題の検討及び租税負担をミニマム化する構造の考察
  • 香港持株会社の設立に関する租税負担をミニマム化する現物出資計画の策定
  • シンガポール持株会社の設立に関する総合的リーガル・アドバイス